犬の皮膚炎がいつまでも治らない時のケア方法は?

ワンちゃんの皮膚炎がいつまで経っても

 

良くならない…

 

 

たまに動物病院にいって治療をしていても、

 

一向に皮膚炎が改善されないワンちゃんがいます。

 

 

ワンちゃんが薬や薬用シャンプーでも

 

皮膚炎が治らない場合の飼い主にできる

 

ケア方法を紹介したいと思います。

 

犬の皮膚炎がずっと治らない時のケア方法は?

広告

 

愛犬の皮膚炎が病院にいっても治らないとなると、

 

ワンちゃんがかわいそうで困ってしまいますよね…

 

飼い主さんもできるケアを一度見直してみてはいかがでしょうか?

 

■アレルギーがないか詳しく調べる

アレルギーが原因で身体の中で炎症反応を起こし、

 

その結果皮膚炎を起こすワンちゃんは多くいます。

 

 

とても強いアレルギーではないけれど、

 

少し反応していて皮膚症状としてかゆみが出たりなど。

 

 

なかなか治らない皮膚炎は、アレルギー検査で

 

項目を多くしてきちんと正確に調べてもらいましょう。

 

 

アレルゲンを排除していき、様子を見ます。

 

■シャンプーの刺激が強すぎないかチェック

f:id:wanshisshin:20170222141245j:plain

普段使っているシャンプーの成分が強すぎることがあります。

 

ワンちゃんは皮膚の薄い動物ですから、

 

刺激の強いシャンプーでかんたんに皮膚が荒れます。

 

 

特にワンちゃんに必要な皮脂まで落としてしまう、

 

ペットシャンプーには注意しましょう。

 

ラウリル硝酸塩などの成分は石油成分で作られた

 

刺激の強いシャンプーです。

 

 

もし、皮膚が荒れているワンちゃんに使用しているのなら、

 

シャンプーの見直しをしましょう。

 

■身体の免疫力が落ちていないかもチェック

ワンちゃんの身体の免疫力が落ちてしまって

 

皮膚炎を発症していることもあります。

 

 

細菌性皮膚炎など、常在菌が原因の皮膚炎は(脂漏症やアラカス症など)

 

もともとワンちゃん自身が持っている細菌に

 

皮膚を荒らしてしまっているんですが、

 

免疫力の強い健康な犬であれば皮膚炎にはかからず

 

強い皮膚のままです。

 

 

ところが、加齢やストレスなどで免疫力が弱くなると、

 

皮膚そのものの抵抗力も低下して皮膚炎にかかりやすくなります。

 

 

そのため、犬の免疫力を向上させるために、

 

犬用サプリを与えてみるのもいい方法です。

 

■他の動物病院のセカンドオピニオンを聞いてみる

今の動物病院でずっと皮膚炎が治らないのなら、

思い切って他の動物病院のセカンドオピニオンを聞いてみるのも

 

一つの方法です。

 

まれですが、犬の疥癬症を知らなかったり、

 

アラカス症を見抜けなかったという声も聞こえます。

 

 

いつもお世話になっているから、などと考えず

 

人間でもセカンドオピニオンは当たり前の現代ですから、

 

愛犬についても柔軟に対応するべきですね。

 

 

気をつけたい犬のダニ一覧

ワンちゃんはダニによる皮膚炎にかかる確率も高いです。

 

飼い主さんが毎日きちんとお世話していても、

 

ダニに感染した他のワンちゃんから

 

うつされてしまうこともあるんです。

 

 

今回は犬に寄生する注意したいダニを見ていきましょう。

 

皮膚炎を起こす犬のダニ一覧

広告

 

ワンちゃんに皮膚炎を起こすダニの種類は

 

結構な数があります。

 

どれもダニに寄生されると

 

ワンちゃんはとてもかゆくなってつらい思いを

 

させてしまいますから、

 

飼い主さんが一緒に勉強しましょう。

 

 

犬のツメダニ

f:id:wanshisshin:20170220094930j:plain

ツメダニ皮膚炎とは、

 

犬の皮膚に寄生して吸血したり繁殖を繰り返す症状です。

 

 

ツメダニはワンちゃんの皮膚表面にひっかき傷を作って

 

ワンちゃんの体液やリンパ液を吸って生息します。

 

 

「歩くフケ」とも言われ、ワンちゃんの被毛をかきわけて

 

よく見てみると、

 

フケが移動しているように見えます。

 

 

これは、ツメダニが肉眼でも見えるため、フケが移動しているように

 

見えるのです。

 

 

ツメダニを発見したら動物病院で駆除剤を使いダニを死滅させて

 

治療していきます。

 

 

ツメダニは犬から離れても10日間ほどは生きられますから、

 

駆除剤だけでなくお部屋のお掃除を徹底的に行い

 

ツメダニを駆除しましょう。

 

マダニ

マダニですが、マダニは寄生先の犬を見つけると、

 

犬の皮膚にかみついて住みつきます。

 

 

飼い主さんが、マダニを見つけて手でマダニを引っ張るのは

 

やめましょう。

 

引っ張った所に傷がつき、その箇所が化膿して

 

皮膚炎を引き起こします。

 

 

マダニを見つけたら一刻も早く動物病院に行って治療

 

してもらいましょう。

 

アラカス症

アラカス症別名毛包虫と呼ばれ、

 

どの犬にも寄生しているニキビダニです。

 

 

人間の皮膚にさえ寄生しています。

 

 

これはほかのワンちゃんから感染するダニではなく、

 

それぞれのワンちゃんが元から持っているダニ。

 

犬の抵抗力が下がるとアラカスが

 

異常に繁殖して、かゆみや脱毛を起こします。

 

 

アラカス症になってしまったら、

 

はじめはシャンプーを毎日行いダニを駆除します。

 

 

シャンプーでよくならない場合は、

 

投薬や注射をして治療していきます。

 

 

アラカス症は難治性の病気ではありませんが、

 

治療には根気よくつきあうことになります。

 

犬の疥癬

 

疥癬症は現代のワンちゃんの罹患率は低くなっているものの、

 

まだまだどの犬も感染する可能性はあります。

 

 

疥癬症はヒゼンダニがワンちゃんに寄生することで

 

かゆみや湿疹、フケ、脱毛を起こします。

 

 

疥癬症は、ヒゼンダニがワンちゃんの皮膚を削りながらもぐりこんで

 

生息、繁殖を繰り返します。

 

ヒゼンダニはワンちゃんの皮膚の奥に入り込むので

 

疥癬トンネルとも言われています。

 

 

ヒゼンダニは犬の皮膚の奥にもぐり込んでしまうため、

 

動物病院でも見落としてしまうケースがあります。

 

 

治療については薬浴、シャンプー、注射、投薬がメインです。

 

 

動物病院でしっかりと治療していきましょう。

 

 

犬のアラカス症とは?ケア方法は?

犬のアラカス症…

 

あまり聞き慣れない病気ですね。

 

 

今回はアラカス症の原因や発症してしまった場合のケア方法を

 

見ていきましょう。

 

犬のアラカス症とは?

広告

 

犬のアラカス症とは、

 

主にイヌニヒキダニというダニにワンちゃんの

 

身体の抵抗力が下がることにより

 

皮膚に湿疹や赤み、脱毛を起こす皮膚炎です。

 

 

アラカス症の主な症状としては

 

・顔周りの脱毛

 

・フケ、皮膚の赤み

 

・二次感染で皮膚の化膿や出血

 

 

こういった症状になります。

 

 

子犬の時に母犬からイヌニヒキダニをうつされて、

 

普段はワンちゃんの体に悪さすることなく存在しています。

 

 

しかし、何らかの原因で犬の体の抵抗力が下がると、

 

イヌニヒキダニが原因で

 

皮膚に症状が出てしまうのです。

 

 

愛犬がアラカス症になってしまったら?

f:id:wanshisshin:20170220063736j:plain

愛犬がアラカス症になってしまったら、

 

駆除剤で根気よく治療していきます。

 

 

アラカス症になるワンちゃんは、膿皮症を併発していたり、

 

アトピー性皮膚炎や糖尿病、甲状腺機能低下症など

 

基礎疾患が隠れていることもあります。

 

 

こういったケースではアラカス症を発症している

 

根本的な基礎疾患も治療していきます。

 

 

成犬でアラカス症の発症を繰り返す場合、

 

ワンちゃんの身体の抵抗力が下がっている可能性が高いですから、

 

毎日のフードを工夫したり、

 

犬用のサプリメントで犬の体の免疫力そのものを

 

上げてやるのも方法ですね。

 

 

 

 

犬がノミに寄生されてしまったら?ケアで注意したいこと

犬はノミにかんたんに寄生されやすい動物です。

 

 

ノミはワンちゃんから発熱する体温や

 

二酸化炭素をすばやく察知して

 

お散歩途中でも飛んでワンちゃんの体に住みつきます。

 

 

ノミが犬の体に寄生すると、

 

卵を生んで~幼虫~成虫~さらに卵を生む

 

このサイクルをたった二週間おきに繰り返します。

 

 

そして、たった一匹のノミでも、

 

ワンちゃんがかゆみを引き起こしたり

 

ノミが原因の皮膚炎を発症します。

 

 

今回は犬に寄生するノミの見つけ方、

 

もし見つけた場合のケア方法を紹介します。

 

犬に寄生したノミの見つけ方は?

広告

 

犬にノミが寄生するとワンちゃんの皮膚の上で

 

大繁殖を繰り返します。

 

 

それと、まれにノミが寄生したばかりの時期は

 

ノミの存在を見つけにくいことも。

 

こういった場合は、

 

ワンちゃんの被毛をかき分けて、

 

ノミの糞がたくさん付着していないかどうか

 

よくチェックしてみましょう。

 

 

ノミの存在を少しでも見つけた場合は

 

すぐに動物病院を受診することをおすすめします。

 

犬にノミが見つかったらすぐ動物病院へ!

f:id:wanshisshin:20170219090520j:plain

 

犬にノミの存在を見つけたら、

 

一日でも早く動物病院へいきましょう。

 

 

市販の薬でいいわ~、は厳禁です。

 

ノミは生命力も繁殖力も強いので、

 

市販の薬だけでは駆除しきれないのです。

 

また、飼い主さんがノミを手でつぶして駆除するのは

 

やめてください。

 

手でつぶしてもノミが人間の体の体内に入ってしまう

 

ケースがよくあります。

 

ノミは人にも寄生しますので注意してください。

 

 

このように、ノミは繁殖スピードがとても速くて

 

駆除するのに苦労しますから、

 

見つけたらすぐに獣医さんに診てもらい、対処していきましょう。

 

 

あとはノミを見つけたら家中のお掃除も大事なポイントです。

 

 

犬が疥癬症になったら気をつけてあげたいケア方法は?

犬が疥癬症になってしまったら、

 

家でのケアに注意したことがあります。

 

疥癬になるとダニが大量繁殖します。

 

やっかいな皮膚炎ですから、

 

飼い主さんもしっかりケアしていきましょう。

 

ワンちゃんが疥癬症になったらどんなケアをする?

広告

 

愛犬が疥癬症になってしまったら、

 

お家でのケアも注意してあげましょう。

 

 

疥癬症はイヌセンコウヒゼンダニに感染して

 

強いかゆみを起こす皮膚炎です。

 

ダニに感染すると、

 

ダニはあっという間に繁殖し、卵を生み

 

成虫となり卵を生む。

 

 

この繰り返しで膨大に増えていきます。

 

 

飼い主にもうつるので、注意が必要ですし、

 

部屋の掃除も毎日行って、

 

ダニが家中に繁殖するのを防ぐ必要があります。

 

ダニが繁殖した時の掃除方法は?

f:id:wanshisshin:20170215170431j:plain

ダニが繁殖してしまうと、

 

部屋中ダニだらけ、なんていうことになりかねません。

 

毎日のお部屋の掃除はもちろんのこと、

 

ワンちゃんの疥癬症が治療完了までは

 

部屋の拭き掃除もやってみましょう。

 

それと、家具のすき間もきちんと掃除します。

 

家具のすき間や床の暗い所は

 

風通しも悪く、湿気もあり

 

ダニのすみ家に最適です。

 

見えにくいところもこまめに掃除してあげることが、

 

ワンちゃんの疥癬症の再発を防ぐコツになります。