読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬のアトピー性皮膚炎で注意してあげたいこととは?

犬のアトピー性皮膚炎は、

 

ケア方法に飼い主さんが注意してあげる必要があります。

 

まずは動物病院で診てもらい、

 

並行して飼い主さんがしっかりケアしていきましょう。

 

犬のアトピー性皮膚炎で注意することは?

広告

 

犬のアトピー性皮膚炎で注意してあげたい

 

ケア方法は、

 

・毎日の食事

 

・シャンプー選び

 

 

です。

 

一つずつ見ていきましょう。

 

毎日の食事

ワンちゃんのアトピー性皮膚炎は、

 

アレルギーを起こして皮膚に症状が出ている子が多いです。

 

もし、まだ市販のペットフードを与えているなら、

 

今すぐ見直しが必要でしょう。

 

というのも、ワンちゃんは元々肉食動物ですが、

市販のペットフードは安価に販売するため、

 

穀物類がたくさん入っています。

 

もともと穀物を食べていなかったワンちゃんは、

 

穀物を消化するために胃腸にとても負担をかけています。

 

また、小麦粉は特にアレルギー反応を起こしやすい物質です。

 

アトピー性皮膚炎のワンちゃんは、

 

良質な肉の配分率の高い安全のフードに切り替えてあげましょう。

 

シャンプー選びに注意

アトピーは、保湿がしっかりできていることで

軽減できることがわかっています。

 

健康な皮膚のワンちゃんはつねに適度な皮脂が出ていて、

 

自分の皮膚を皮脂で守っています。

 

しかし、特にアトピーのワンちゃんは皮脂が足りていないことが多く、

 

皮膚がいつも乾燥しています。

 

皮膚が乾燥していると、強いかゆみを引き起こします。

 

特にシャンプーは大事です。

 

市販のペットシャンプーは、

 

石油成分から作られていることが多く、

 

洗浄力がとても強力に作られています。

 

汚れはとてもよく落ちるのですが、

 

洗浄成分が強過ぎるために

 

必要な皮脂まで落としきってしまいます。

 

すると、皮膚が乾燥し、

 

外敵から身を守る皮脂がない状態の皮膚は

 

むき出しになってしまい、

 

ほこりや花粉などが皮膚の中に入り込んでしまって

 

身体が反応し、かゆみを引き起こします。

 

アトピーのワンちゃんは、皮脂が必要なので、

 

洗浄成分が強くない無添加のシャンプーを選んであげましょう。

 

 

犬のアトピー性皮膚炎って?

ワンちゃんのアトピー性皮膚炎は

 

今急増している皮膚症状です。

 

アトピーってどうしてワンちゃんも

 

なってしまうんでしょうか?

 

犬のアトピー性皮膚炎とは?

広告

 

犬のアトピーですが、原因はまだわかっていません。

 

アトピーという言葉の由来は「奇妙な」です。

 

まだどんな仕組みで発症するかわかっていません。

 

ただ、アトピー症状を軽快したり、

どんなワンちゃんがなりやすいのかは

 

ずいぶんとわかってきました。

 

犬のアトピーは保湿をしっかりやる

f:id:wanshisshin:20170212232747p:plain

 

犬のアトピー性皮膚炎は、

 

乾燥が大敵です。

 

皮膚が乾燥しやすく、周囲の花粉やゴミも

 

アレルギー反応を起こしてしまうので、

 

保湿がとにかく命。

 

特にシャンプーは注意が必要です。

 

市販のペットシャンプーでは、

 

洗浄成分が強過ぎるので、

 

ワンちゃんに必要な適度な皮脂まですべて

 

落としてしまいます。

 

すると、乾燥した皮膚になりますから、

 

アトピーのワンちゃんはとにかく低刺激で

無添加のシャンプーを選ぶべきです。

 

 

アレルギー除去

アトピー性皮膚炎のワンちゃんは

 

アレルギー反応を起こすワンちゃんが多いです。

 

ハウスダストや特定の食料にアレルギー反応が出ることがあり、

 

これらは動物病院で何がアレルゲン物質なのか?

 

は調査が必要です。

 

アレルゲン物質が特定できたら、飼い主さんは

 

アレルギー物質を排除してアトピーが軽減するよう

ケアしてあげることが必要です。

 

 

犬の膿皮症を治すには?

犬の膿皮症を治すには、

 

症状の進行度合いにより、

 

治療期間が変わってきます。

 

重症化すればするほど、

 

治療期間が長引きますので、

 

まずは動物病院の受診が必要です。

 

犬の膿皮症を治すには?

広告

 

犬の膿皮症は、症状の進行度合によって

 

大きく三種類にわけられます。

 

・表面性膿皮症

 

・浅在性膿皮症

 

・深在性膿皮症

 

これら三種類。

 

特に深在性膿皮症になってしまうと、

 

化膿が皮膚の奥底まで広がってしまい、

 

ワンちゃんは痛みや発熱を伴います。

 

重症化すれば皮膚がんに移行するケースも

 

稀にあるのです。

 

ただの皮膚炎だわ~などと甘く見ずに、

 

しっかり治していくことが大切です。

 

膿皮症かも?と思ったら

f:id:wanshisshin:20170212173315j:plain

 

原則として獣医さんに診断してほしいのですが、

 

膿皮症かどうか?を見分ける目安はあります。

 

主な初期症状としては、

 

・ワンちゃんから嫌な臭いがする

 

・皮膚が赤い

 

・急に脱毛があった

 

・脱毛部分を舐めたり引っかいたりしている

 

・食事の量は変わらないのに痩せてきた

 

こういった症状が代表的な症状です。

 

もし愛犬が上のような症状が出ている場合は

 

きちんと動物病院を受診し、

 

しっかり治していきましょうね。

 

 

犬の膿皮症におすすめの食事はある?

ワンちゃんは元々皮膚が薄く、

 

皮膚炎にかかりやすい動物です。

 

そして、膿皮症は犬の皮膚炎で最もポピュラー。

 

しかし、一度膿皮症になると

 

治療は長引きます。

 

一番つらいのはワンちゃんです。

 

まずは愛犬の食事から見直してみましょう。

 

犬の膿皮症におすすめな食事ってある?

広告

 

犬の膿皮症は、ブドウ球菌という常在菌のバランスが崩れて

 

皮膚に細菌が入り化膿してしまう皮膚炎です。

 

ブドウ球菌はそもそも悪い菌ではなく

 

どのワンちゃんの皮膚の上にも存在します。

 

しかし、ワンちゃんの免疫力が低下したり、

 

常在菌のバランスが崩れるとブドウ球菌が増え、傷が化膿しやすくなります。

 

そのため、ワンちゃんの免疫力を高める食事を

 

まず見直すべきです。

 

犬の膿皮症にはどんな食事がいい?

f:id:wanshisshin:20170212080014j:plain

 

犬の膿皮症を予防したいなら、

 

ワンちゃんの皮膚を健康にできる食事、

つまり免疫力を高めるペットフードがいいですね。

 

市販のペットフードは、

 

人間は食べることを禁止されている

 

添加物や保存料発がん性物質がてんこ盛りで入っています。

 

⇒市販のペットフード毒盛りの様子はこちら

 

こういった劇物は、すぐに即効性はないけど、

毎日食事として食べることによって、

 

皮膚病やガン、糖尿病など

 

ありとあらゆる病気を引き起こすと考えられています。

 

そうであれば、ワンちゃんの体に

 

安全な物を選び、ワンちゃんの体の免疫力から

 

高める必要があると思います。

 

まとめると、犬の膿皮症や皮膚炎を予防できる食事は、

 

・添加物や保存料が入っていない良質フード

 

・安全なフードで体の中から元気にしてやる

 

など、根本的な解決が重要です。

 

 

犬の膿皮症ってうつるの?

犬の膿皮症ってうつるんでしょうか?

 

もしうつるなら飼い主も注意しないといけないし、

 

他のワンちゃんからうつされても困ります。

 

犬の膿皮症は感染するのか?

 

を詳しく見ていきましょう。

 

ワンちゃんの膿皮症って感染するの?

広告

 

犬の膿皮症は人にもうつりませんし、

 

他のワンちゃんからうつされることもありません。

 

 

膿皮症は「ブドウ球菌」という元からある

 

細菌のバランスが崩れてしまって皮膚に炎症を起こす皮膚炎です。

 

自分の細菌バランスで皮膚が荒れる病気なので

 

感染症ではないんですね。

 

なので、飼い主さんは自分にもうつるんじゃないかと

 

心配する必要はありません。

 

膿皮症はどうお世話するのがいい?

f:id:wanshisshin:20170210114901p:plain

 

まず、膿皮症の症状としては、

 

■黄色いぼつぼつができる

 

■フケ

 

■脱毛

 

■痒み

 

■皮膚が赤くなる

 

などです。

 

重症化すると発熱したり、激しい痛みを感じます。

 

こうなる前に動物病院としっかり連携しながら

 

飼い主さんもきちんとケアしてやる必要があります。

 

例えば、お部屋をつねに清潔にしたり、

 

フードを良質なものにかえる。

 

シャンプーは皮膚の刺激にならない成分を使っているか

 

チェックする、など。

 

 

それと、皮膚炎を発症しやすいワンちゃんというのは

 

身体の全体の免疫力が低くなっています。

 

人間も同じです。

 

人間も免疫力が落ちるために風邪を引いたりさまざまな病気を

 

引き起こします。

 

犬も同じ。

 

免疫力が落ちていることで、皮膚が炎症を起こして皮膚炎として

 

現れるケースが多いので、

 

普段の食事に犬用サプリメントを与えるのもいい方法です。