犬が膿皮症になる原因は?

犬の膿皮症。

 

ワンちゃんではよく聞く皮膚炎ですが、

 

何が原因で膿皮症を発症してしまうのでしょうか?

 

原因を知り、愛犬が苦しむことのないよう

 

ケアしていきましょう。

 

膿皮症の原因は?

 

 

膿皮症の原因になる90%の理由が、

 

ブドウ球菌」です。

 

ブドウ球菌は犬の皮膚にはどの犬にもある常在菌と言われる

 

細菌です。

 

普段はお肌を守ってくれる

 

有り難い細菌です。

 

しかし、犬は元々、皮膚が弱い、

 

角質層が薄いことから、少しブドウ球菌のバランスが崩れた

 

だけで、膿皮症を発症しやすい動物です。

 

ちょっとした原因とは、

 

不衛生な環境だったり、ワンちゃんの体全体の免疫力が下がっていた時、

 

傷ができた際に細菌が入り込み、

 

化膿を起こすといった経緯です。

 

また、刺激の強過ぎるシャンプーで洗い過ぎることにより

 

膿皮症を発生してしまう犬もいます。

 

膿皮症の種類は?

f:id:wanshisshin:20170206103526j:plain

 

膿皮症の種類は、傷の化膿が皮膚のどの程度の深さまで

 

進行しているかで判断されます。

 

まず、

 

・表面性膿皮症

 

・・・表面性膿皮症とは、犬の皮膚の最上部のみに

 

化膿がとどまり、炎症を起こしている状態。

 

化膿が皮膚の中にまで入っていなければ、

 

ワンちゃんが患部をなめるぐらいで、痛みや発熱はありません。

 

このぐらいの状態で動物病院で治療ができるとベストです。

 

 

・表在性膿皮症

・・・表在性膿皮症は、毛包やその周辺に炎症がいきわたり、

皮膚より少し中に入った状態のことを指します。

 

・深在性膿皮症

・・・深在性膿皮症は、毛包やその付近、皮膚の奥底まで

炎症が進んでしまった状態です。

 

深在性膿皮症までになると、ワンちゃんは発熱したり、

激しい痛みを伴うことがあり、治療も長引きます。

 

 

いかがでしたか?

 

膿皮症は犬にはよくある皮膚病といいますが、

重症化すると、熱を出したり激しい痛みを感じたり…

 

ここまでくるととてもかわいそうですから、

 

普段から愛犬の皮膚の状態は、異常がないか

つねに飼い主さんがチェックしてあげるべきですね。