読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬の膿皮症に効く薬ってどんな種類がある?

犬の膿皮症に効く市販薬ってあるんでしょうか?

 

まず、膿皮症のおさらいですが、

 

■表面性膿皮症

 

■表在性膿皮症

 

■深在性膿皮症

 

の大きくわけて3種類があります。

 

特に最後の深在性膿皮症は、重症ですし、

 

発熱や強い痛みをワンちゃんは感じます。

 

化膿が皮膚奥底まで達している場合は

 

素人判断で市販薬だけで治そうとせず、

 

必ず獣医さんにみせることです。

 

犬の膿皮症に効く薬一覧

広告

 

犬の膿皮症に効果のある市販薬は

 

いくつかあります。

 

代表的なのが、

 

・ダーマ・ベット軟膏

・バクトロバン軟膏

 

・シンピリセフ錠剤

・リレキシン錠

 

などです。

 

薬を使いながら、毎回のお世話もチェックしていきます。

 

膿皮症のワンちゃんのケア方法

f:id:wanshisshin:20170208080131j:plain

犬が膿皮症にかかると、

 

一気に湿疹がひろがってしまったり、

 

正しいケアをしないと細菌が傷口の皮膚奥まで進行してしまい、

 

ワンちゃんは激しい痛みや熱を出したりします。

 

膿皮症を繰り返すワンちゃんは犬身体全体の免疫力が下がっている可能性も高いです。

 

つまり、健康なワンちゃんは皮膚炎そのものを発症せず

 

いられるということ。

 

皮膚炎を患うということは、胃腸が荒れていたり

 

身体の免疫力が下がってその症状を表しているのが

 

皮膚炎・膿皮症ということですね。

 

ワンちゃんの体の免疫力を強くするには、

 

毎日のペットフードが良質なものか?

 

また補助的に免疫力を強化できるペットサプリを

 

同時に与えると、ワンちゃんが元気になっていき、

 

皮膚そのものが丈夫になっていきます。

 

薬も大事ですが、【ワンちゃんの健康そのもの】を

 

飼い主さんが考えてあげることが重要なのです。