犬の膿皮症ってうつるの?

犬の膿皮症ってうつるんでしょうか?

 

もしうつるなら飼い主も注意しないといけないし、

 

他のワンちゃんからうつされても困ります。

 

犬の膿皮症は感染するのか?

 

を詳しく見ていきましょう。

 

ワンちゃんの膿皮症って感染するの?

広告

 

犬の膿皮症は人にもうつりませんし、

 

他のワンちゃんからうつされることもありません。

 

 

膿皮症は「ブドウ球菌」という元からある

 

細菌のバランスが崩れてしまって皮膚に炎症を起こす皮膚炎です。

 

自分の細菌バランスで皮膚が荒れる病気なので

 

感染症ではないんですね。

 

なので、飼い主さんは自分にもうつるんじゃないかと

 

心配する必要はありません。

 

膿皮症はどうお世話するのがいい?

f:id:wanshisshin:20170210114901p:plain

 

まず、膿皮症の症状としては、

 

■黄色いぼつぼつができる

 

■フケ

 

■脱毛

 

■痒み

 

■皮膚が赤くなる

 

などです。

 

重症化すると発熱したり、激しい痛みを感じます。

 

こうなる前に動物病院としっかり連携しながら

 

飼い主さんもきちんとケアしてやる必要があります。

 

例えば、お部屋をつねに清潔にしたり、

 

フードを良質なものにかえる。

 

シャンプーは皮膚の刺激にならない成分を使っているか

 

チェックする、など。

 

 

それと、皮膚炎を発症しやすいワンちゃんというのは

 

身体の全体の免疫力が低くなっています。

 

人間も同じです。

 

人間も免疫力が落ちるために風邪を引いたりさまざまな病気を

 

引き起こします。

 

犬も同じ。

 

免疫力が落ちていることで、皮膚が炎症を起こして皮膚炎として

 

現れるケースが多いので、

 

普段の食事に犬用サプリメントを与えるのもいい方法です。