読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬の膿皮症を治すには?

犬の膿皮症とは?

犬の膿皮症を治すには、

 

症状の進行度合いにより、

 

治療期間が変わってきます。

 

重症化すればするほど、

 

治療期間が長引きますので、

 

まずは動物病院の受診が必要です。

 

犬の膿皮症を治すには?

広告

 

犬の膿皮症は、症状の進行度合によって

 

大きく三種類にわけられます。

 

・表面性膿皮症

 

・浅在性膿皮症

 

・深在性膿皮症

 

これら三種類。

 

特に深在性膿皮症になってしまうと、

 

化膿が皮膚の奥底まで広がってしまい、

 

ワンちゃんは痛みや発熱を伴います。

 

重症化すれば皮膚がんに移行するケースも

 

稀にあるのです。

 

ただの皮膚炎だわ~などと甘く見ずに、

 

しっかり治していくことが大切です。

 

膿皮症かも?と思ったら

f:id:wanshisshin:20170212173315j:plain

 

原則として獣医さんに診断してほしいのですが、

 

膿皮症かどうか?を見分ける目安はあります。

 

主な初期症状としては、

 

・ワンちゃんから嫌な臭いがする

 

・皮膚が赤い

 

・急に脱毛があった

 

・脱毛部分を舐めたり引っかいたりしている

 

・食事の量は変わらないのに痩せてきた

 

こういった症状が代表的な症状です。

 

もし愛犬が上のような症状が出ている場合は

 

きちんと動物病院を受診し、

 

しっかり治していきましょうね。