読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皮膚炎になりやすいワンちゃんが気をつけたいこと

犬の皮膚炎

昔の愛犬もそうだったんですが、

 

皮膚炎を繰り返してしまうワンちゃんもいます。

 

ある時は膿皮症になったり、

 

ある時はアトピー性皮膚炎になったり。

 

病院にいっては薬をぬり、治っては皮膚炎をまた

 

再発。

 

これってちょっとおかしいと思いませんか?

 

どうして皮膚炎を繰り返す犬がいるの?

広告

 

まず、犬というのは皮膚が薄いため、

 

皮膚炎になりやすい動物です。

 

しかし、皮膚炎を繰り返す、というのは

 

正常な状態ではないので、

 

飼い主さんがしっかり愛犬の体を見てやるべきだと思います。

 

いくら動物病院で薬をもらっても、その皮膚炎は

 

一時的に治せても、

 

原因を根本的に治さなければ皮膚炎を繰り返すでしょう。

 

では、どんな原因が皮膚炎を繰り返すのか?

ですが、

 

 

アレルギーがある

f:id:wanshisshin:20170214094324j:plain

ワンちゃんが特定のアレルギー物質があり、

その結果アトピーなどの湿疹が出ていることもあります。

 

アレルギーは体の中で炎症反応を起こして

 

皮膚にかゆみや湿疹を引き起こします。

 

アレルゲン物質がほこりなのか、食品なのか?

 

これらは一度動物病院で特定してもらい、

 

アレルゲン物質を排除して治していくのが近道です。

 

シャンプーが合わない

市販のペットシャンプーを使っていませんか?

 

市販のペットシャンプーは、汚れはよく落ちるんですが、

 

犬の必要な皮脂まですべて落としてしまい、

 

さらに刺激の強い成分で皮膚炎を引き起こすケースも多いです。

 

そのため、我が家の愛犬は無添加シャンプーで洗って

皮膚を保護しています。

 

ストレス性

ストレスがたまって、皮膚の弱いワンちゃんが、

 

皮膚炎として症状を出して繰り返している場合もあります。

 

犬は元々皮膚が弱い動物ですから、

 

ストレスがたまってくると、体をかいたり舐めたりします。

 

 

すると、皮膚が弱ってそのうちに皮膚炎になることがあります。

 

ストレスが原因であれば、散歩の時間を長くしたり、

 

飼い主さんとのふれあいの時間を多めにとって、

 

ワンちゃんのストレスをためないようにしましょう。