読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬の疥癬の症状と原因治療法を勉強しよう

犬の疥癬症

膿皮症のほかにも、

 

ワンちゃんはさまざまな皮膚炎にかかりやすい

 

動物です。

 

そのうちの代表的な皮膚炎の一つが

 

「疥癬症」です。

 

疥癬症はダニの寄生虫によって起こります。

 

犬の疥癬症とは?

広告

 

犬の疥癬症の原因

 犬の疥癬の原因になるのが、

 

イヌセンコウヒゼンダニ」が寄生することにより起こります。

 

このダニはワンちゃんの体に寄生

↓   ↓   ↓

 

皮膚の奥底まで侵入して

↓   ↓   ↓

卵を生み、ワンちゃんの体を移動しながら

 

刺激物質を出して移動します。

 

一般的に、このダニに寄生されてもすぐには

 

症状が出ません。

 

いつの間にか寄生されて、3週間から6週間後ぐらいに

 

強いかゆみなどを引き起こします。

 

 

どうして疥癬症になる?

f:id:wanshisshin:20170215150439j:plain

疥癬症はダニが原因となり、

 

すでにイヌセンコウヒゼンダニに寄生されている

 

ワンちゃんから感染します。

 

犬が疥癬症になると飼い主にもうつることがあるので

 

注意が必要です。

 

疥癬症の治療方法は?

疥癬症の治療方法は、

 

動物病院では二通りあります。

 

局所療法

ダニを殺虫できる薬をスポンジにしみこませて

 

感染している所にあてます。

 

まずはスポンジで様子を見ますが、

 

あまり治療効果がないようなら、

 

薬剤を混ぜたお湯に半身浴させて治療します。

 

投薬

投薬も疥癬症の治療に主に使われる

 

治療方法です。

 

 

ミルベマイシン、イベルメクチン、セラメクチン

 

こういった薬を投与して、ダニをやっつけます。

 

 

 

いかがでしたか?

 

疥癬は一度感染すると、ダニの繁殖力も強く、

やっかいな病気です。

 

おかしいなと思ったら早めに動物病院を

 

受診しましょう。