犬のアラカス症とは?ケア方法は?

犬のアラカス症…

 

あまり聞き慣れない病気ですね。

 

 

今回はアラカス症の原因や発症してしまった場合のケア方法を

 

見ていきましょう。

 

犬のアラカス症とは?

広告

 

犬のアラカス症とは、

 

主にイヌニヒキダニというダニにワンちゃんの

 

身体の抵抗力が下がることにより

 

皮膚に湿疹や赤み、脱毛を起こす皮膚炎です。

 

 

アラカス症の主な症状としては

 

・顔周りの脱毛

 

・フケ、皮膚の赤み

 

・二次感染で皮膚の化膿や出血

 

 

こういった症状になります。

 

 

子犬の時に母犬からイヌニヒキダニをうつされて、

 

普段はワンちゃんの体に悪さすることなく存在しています。

 

 

しかし、何らかの原因で犬の体の抵抗力が下がると、

 

イヌニヒキダニが原因で

 

皮膚に症状が出てしまうのです。

 

 

愛犬がアラカス症になってしまったら?

f:id:wanshisshin:20170220063736j:plain

愛犬がアラカス症になってしまったら、

 

駆除剤で根気よく治療していきます。

 

 

アラカス症になるワンちゃんは、膿皮症を併発していたり、

 

アトピー性皮膚炎や糖尿病、甲状腺機能低下症など

 

基礎疾患が隠れていることもあります。

 

 

こういったケースではアラカス症を発症している

 

根本的な基礎疾患も治療していきます。

 

 

成犬でアラカス症の発症を繰り返す場合、

 

ワンちゃんの身体の抵抗力が下がっている可能性が高いですから、

 

毎日のフードを工夫したり、

 

犬用のサプリメントで犬の体の免疫力そのものを

 

上げてやるのも方法ですね。