読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬の皮膚炎がいつまでも治らない時のケア方法は?

ワンちゃんの皮膚炎がいつまで経っても

 

良くならない…

 

 

たまに動物病院にいって治療をしていても、

 

一向に皮膚炎が改善されないワンちゃんがいます。

 

 

ワンちゃんが薬や薬用シャンプーでも

 

皮膚炎が治らない場合の飼い主にできる

 

ケア方法を紹介したいと思います。

 

犬の皮膚炎がずっと治らない時のケア方法は?

広告

 

愛犬の皮膚炎が病院にいっても治らないとなると、

 

ワンちゃんがかわいそうで困ってしまいますよね…

 

飼い主さんもできるケアを一度見直してみてはいかがでしょうか?

 

■アレルギーがないか詳しく調べる

アレルギーが原因で身体の中で炎症反応を起こし、

 

その結果皮膚炎を起こすワンちゃんは多くいます。

 

 

とても強いアレルギーではないけれど、

 

少し反応していて皮膚症状としてかゆみが出たりなど。

 

 

なかなか治らない皮膚炎は、アレルギー検査で

 

項目を多くしてきちんと正確に調べてもらいましょう。

 

 

アレルゲンを排除していき、様子を見ます。

 

■シャンプーの刺激が強すぎないかチェック

f:id:wanshisshin:20170222141245j:plain

普段使っているシャンプーの成分が強すぎることがあります。

 

ワンちゃんは皮膚の薄い動物ですから、

 

刺激の強いシャンプーでかんたんに皮膚が荒れます。

 

 

特にワンちゃんに必要な皮脂まで落としてしまう、

 

ペットシャンプーには注意しましょう。

 

ラウリル硝酸塩などの成分は石油成分で作られた

 

刺激の強いシャンプーです。

 

 

もし、皮膚が荒れているワンちゃんに使用しているのなら、

 

シャンプーの見直しをしましょう。

 

■身体の免疫力が落ちていないかもチェック

ワンちゃんの身体の免疫力が落ちてしまって

 

皮膚炎を発症していることもあります。

 

 

細菌性皮膚炎など、常在菌が原因の皮膚炎は(脂漏症やアラカス症など)

 

もともとワンちゃん自身が持っている細菌に

 

皮膚を荒らしてしまっているんですが、

 

免疫力の強い健康な犬であれば皮膚炎にはかからず

 

強い皮膚のままです。

 

 

ところが、加齢やストレスなどで免疫力が弱くなると、

 

皮膚そのものの抵抗力も低下して皮膚炎にかかりやすくなります。

 

 

そのため、犬の免疫力を向上させるために、

 

犬用サプリを与えてみるのもいい方法です。

 

■他の動物病院のセカンドオピニオンを聞いてみる

今の動物病院でずっと皮膚炎が治らないのなら、

思い切って他の動物病院のセカンドオピニオンを聞いてみるのも

 

一つの方法です。

 

まれですが、犬の疥癬症を知らなかったり、

 

アラカス症を見抜けなかったという声も聞こえます。

 

 

いつもお世話になっているから、などと考えず

 

人間でもセカンドオピニオンは当たり前の現代ですから、

 

愛犬についても柔軟に対応するべきですね。